自身を映し出していく分身

ITの求人情報の詳細に車通勤が了承されているところもあります。エンジニアの中には残業などで仕事の終わる時間が深夜になることからタクシーで帰宅する人がいるので、自分の通勤手段が時間帯によって左右されない自家用車があると心強いですよね。

中には生活や仕事にも高級なものを自分へ置かせていくことで心を和ませて人生そのものに張りを持たせるために車を購入する人もいるのではないでしょうか。車を購入したらまず、ローン返済のために一生懸命に働く仕事をするうえで欠かすことの出来ない動機が加わります。自分が所有しているカッコイイものを維持していくために自ずと仕事に対して意欲的になっていくはずです。車を所有する人には色々なタイプがいて、自分の足として機能すればいいと言う人もいれば、自分の価値観を自己主張するかのように車にアイデンティティを惜しみなく注ぐかのどちらかになります。車に価値観を見出すのもやはり個人差があって、自分の車にどうするべきであるのかは誰にも咎められることではないのです。

車を所有することは一種のロマンであって人が理想とする財産の一つです。IT機器などを仕事上で関わっている中で、自分の車にもそうしたIT機器が導入されているのかも知れないと思うと何だか不思議な気分になったりしませんか?こうして私たちの生活はIT文明によって守られているといっても過言ではないと思うのです。昨今の車のエコ化はIT機器にも由来しているのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です