プライドを賭けた闘いの時代

ITの発展は確実に日本のみならずに世界までもがまるでマントを翻していくかの如くに大きく塗り替えられようとしています。
そうした発展の先には同じ同業者による業界との熾烈な戦いが繰り広げられています。そのお互いに譲ることのできない強固な意志と意志とのぶつかり合いで互いの競争力を喚起させていきます。

いつの時代でも闘いはつきものです。譲ることのできない想いを胸に自身の限界がどこまで通じるかのぎりぎりの極限状態の中で闘争心に火をつけて燃え尽きるまで闘い抜きます。
どちらが生き残るかの闘いは「生」の言葉から紡ぎ出すものとして命懸けという言葉に尽きるでしょう。

プライドを賭けた確かなる手応えの精一杯の決着を決めるための出陣を感じさせます。
そうした闘う姿勢は見るものをロマンに掻き立てる人情に溢れる光景なのかと連想させます。
ITの求人の多さから分かることは、そうした命懸けの闘いの場が生まれるチャンスが転がっているということです。
情報化社会の著しい変化は歴史に残る名勝負を生み出すうえでの条件なのです。私達一般のユーザーや顧客に対しての心を如何に掴むかの願いや希望が企業の各々の競争心を駆り立てるのです。

その勝負に打ち勝って勝者が賞賛を受けて名声が高まれば自身の立場に箔が付くばかりではなく、皆に必要だとされる自身の価値観の再確認にも繋がるからです。
それはまるでつい最近まで大統領選挙が行われたときのことで、国民から必要とされる喜びを絶対的な根拠を持って確信を持てたオバマ大統領がそうなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です